本ページはプロモーションが含まれています

ファクタリングとは、売掛債権を現金化する資金調達法です。法人や個人事業主が保有する売掛金をファクタリング会社に売却することで、手数料を引いた金額を調達することができます。

ファクタリングを利用すれば、予定の入金日よりも早く現金化が可能です。そのため、銀行の融資では間に合わない場合や運転資金のつなぎが必要な場合など、資金繰りをするために用いられます。

また、ファクタリングは「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」の2種類に分けられます。それぞれの主な違いは次のとおりです。

2社間ファクタリング3社間ファクタリング
売掛先への通知なしあり
入金スピード早いやや遅い
手数料率やや高い低い

以下では、2種類のファクタリングについて詳しく解説します。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングは、債権譲渡の通知が不要なファクタリングです。ファクタリング利用者とファクタリング会社の2社で契約を交わします。

売掛先に通知されないので、取引先にファクタリングの利用が知られることはありません。そのため、取引先との信頼関係に影響を与えることなく、今後の取引も通常通りに行えるというメリットがあります。

さらに、売掛先に対しての手続きが省略されるため、申し込みから入金までの時間が短いのもメリットです。

一方で、3社間比べるとファクタリング会社にとっての未回収リスクが高くなる分、2社間ファクタリングは手数料が高くなる傾向にあります。

できる限り取引先にファクタリングの利用を知られたくない場合、今すぐ資金調達したい場合は、2社間ファクタリングがおすすめです。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングは、債権譲渡の通知が必要なファクタリングです。ファクタリング利用者とファクタリング会社、取引先の三者で契約を交わします。

取引先からの同意を得たうえで、売掛金(請求書など)をファクタリング会社に売却し、ファクタリング会社が取引先に対して直接代金を回収する仕組みです。

ファクタリング会社にとっては、売掛先に許可を取ることで売掛金を回収できないリスクを減らせるので、手数料が安くなりやすいのが3社間ファクタリングのメリットです。

一方で、3社間ファクタリングは売掛先の了承を得るまでに数日時間がかかる可能性があるほか、企業によっては許可を出してくれずにファクタリングできない可能性があります。

また、売掛金で資金調達していることが取引先に知られることで、「経営状態に問題があるのでは?」と不信感を持たれ、信頼関係に影響するリスクもあります。

そのため、売掛先に知られても問題ない方で、できる限り手数料を抑えたいという場合には3社間ファクタリングがおすすめです。

ファクタリング会社を選ぶ3つのポイント

ファクタリング会社を選ぶときは次の3つのポイントに注目する必要があります。

  • オンライン完結のサービスを選ぶ
  • 手数料率で選ぶ
  • 入金までのスピードで選ぶ

基本的に、Webで検索しても実態が不透明な業者や契約書類が不明な業者などは、悪質な業者の可能性が高いため注意が必要です。こちらのページで紹介しているファクタリング会社はすべて合法の優良会社なので安心してご利用ください。

上記3つのポイントについて紹介します。

①オンライン完結対応のサービスを選ぶ

ファクタリング会社はオンライン完結に対応しているところを選ぶのがおすすめです。

オンライン完結型であれば、Web上から申し込みページへ移動して必要書類のデータをアップロードするだけなので、手軽に審査申し込みできます。対面などと比べて書類を直接渡す必要がないので、審査までがスムーズです。

仮に書類の不備や提出漏れがあっても、素早く対応できるのもメリットです。

また、中にはAI審査を導入したファクタリング会社もあり、スピーディな資金調達ができます。

②手数料率で選ぶ

手数料を確認するのもファクタリング会社選びのポイントです。

ファクタリング会社の手数料率は2%〜15%が相場です。申込者との関係値や売掛先の信頼性、売掛債権の支払い期日、売掛金額などによって変動します。

たとえば、信頼できる売掛先で売掛金を回収できる可能性が高く、売掛金額などが大きければ、その分手数料率は下がります。

ファクタリング会社によって手数料率が異なり、中には最安0.5%の手数料で取引できる業者もあるので、費用を抑えるなら手数料を確認して比較検討することが大切です。

また、初めて取引するファクタリング会社で費用を計算する際は、手数料の目安として手数料率の下限・上限のそれぞれでシミュレーションしておきましょう。

③入金までのスピードで選ぶ

入金までのスピードでファクタリング会社を選ぶのもポイントのひとつです。

ファクタリングを利用する方のほとんどが、入金を急いでいるかと思います。中には、多少手数料が高くてもいいから、入金スピードを優先したいという方もいるでしょう。

ファクタリング会社によって入金スピードは異なり、早ければ最短1〜2時間で資金調達することが可能です。

ファクタリング利用の流れ
STEP
申し込み

まずはWebサイトや電話などから審査申し込みを行います。

STEP
書類の提出

請求書や発注書、身分証明書、通帳のコピーなど売掛金の詳細と身元がわかる書類を送付します。オンラインの場合は、申し込み時に書類をデータで提出します。

STEP
審査(または面談)

提出書類をもとに審査が行われます。対面の場合は直接面談、またはテレビ通話による面談が行われます。

STEP
契約・送金

審査後、売掛金の買取可否と手数料などが提示されます。提示内容に了承すれば契約書にサインして系客完了です。契約完了してからすぐに指定口座に振り込みが行われます。

2024年総合版人気のおすすめファクタリング会社TOP3!
スクロールできます
アクセルファクター
アクセルファクター
QuQuMo
QuQuMo
ビートレーディング
ビートレーディング
PayToday
PayToday
トップ・マネジメント
トップ・マネジメント
えんナビ
えんナビ
三共サービス
三共サービス
審査スピード最短1時間最短30分最短30分最短30分最短2時間最短即日最短翌日
入金スピード最短2時間最短2時間最短2時間最短即日最短即日最短即日最短翌日
手数料2.0%~20.0%1.0%~14.8%2%~12.0%1.0%~9.5%0.5%〜12.5%-(不明)1.5%~
買取可能額上限なし上限なし上限なし30万円~3億円50万円~5,000万円-(不明)
必要書類・請求書
・通帳のコピー
・身分証明書
・通帳のコピー
・請求書
・通帳のコピー
・請求書
・身分証明書
・通帳のコピー
・請求書
・見積書
・通帳のコピー
・請求書
・身分証明書
・通帳のコピー
・請求書
・身分証明書
・会社謄本
・決算書
・請求書
など
詳細詳細詳細
詳細詳細詳細詳細詳細
公式サイト公式公式公式公式公式公式公式
ファクタリング会社TOP7を詳しくチェック

アクセルファクター

総合評価4.8/5

大手資本の安心感!大口の資金調達におすすめ

アクセルファクター

おすすめポイント/

審査通過率93.3%

アクセルファクターの審査通過率は93.3%と高いです。中小企業庁の認定経営革新等支援機関から認定を受けているほか、大手資本によるグループ経営による信用力が強みです。利用可能額に上限はなく、多くの方が資金調達を実現できます。

請求書の利用可能な期間が長い

ファクタリング可能な請求書の期間は180日までと長期になっています。通常、ファクタリングサービスは支払い期日が1〜2カ月ほどの請求書しか受け付けていないのが一般的ですが、アクセルファクターなら半年後の請求書も取引できます。

審査スピード最短1時間
入金スピード最短2時間
手数料2.0%~20.0%
買取可能額上限なし
契約方法オンライン、対面
種類2社間、3社間
必要書類・請求書
・通帳のコピー
・身分証明書

\最短1時間で審査完了!審査通過率は93.3%/

QuQuMo(ククモ)

総合評価4.6/5

オンライン完結で入金まで最短2時間!スピーディな資金調達

QuQuMo

おすすめポイント/

スピーディな資金調達

QuQuMoはネット完結のスピーディな対応が魅力です。審査完了まで最短30分、入金まで最短2時間です。メールアドレスとパスワードを設定するだけで簡単に無料申込できます。

手数料が最安値

QuQuMoの手数料は1.0%~と、業界の中でもトップクラスに低いです。少額からの買取も行っていて債権譲渡登記も不要なので、手軽に利用できます。

来店不要のオンライン完結

審査から契約までオンライン完結なので、面倒な来店や面談が必要ありません。契約はクラウドサインを利用しているので、安心して利用できるファクタリング会社です。

審査スピード最短30分
入金スピード最短2時間
手数料1.0%~14.8%
買取可能額-(不明)
契約方法オンライン
種類2社間
必要書類・通帳のコピー
・請求書

\最短30分で審査完了!必要書類は2店だけ/

ビートレーディング

総合評価4.5/5

実績No.1!入金まで最短2時間の人気ファクタリング会社

ビートレーディング

おすすめポイント/

取引実績が豊富

ビートレーディングの実績が業界でもトップクラスです。取引実績は5.2万社以上、累計買取額1,170億円を達成(2023年9月時点)しているので、安心して利用できる優良業者です。

幅広い業種・注文ファクタリングにも対応

医療ファクタリングに対応しているので、病院・クリニック・薬局・介護事業社なども利用できます。また、注文書ファクタリング対応なので、納品前、請求書を発行する前でも売掛金を買い取ってもらえます。

最短30分で完了する無料審査

ビートレディングの審査申込は、必要情報の入力後に書類の提出まですべてWeb完結です。審査は無料で、最短30分で結果がわかるので気軽に申し込みできます。

審査スピード最短30分
入金スピード最短2時間
(注文書買取は翌営業日)
手数料2%~12.0%
(注文書買取は7.0%~18.0%)
買取可能額上限なし
(注文書買取は10万円〜3億円)
契約方法オンライン、対面
種類2社間、3社間
必要書類・通帳のコピー(2ヶ月分)
・請求書(または注文書)

\最短30分で審査完了!オンライン完結/

PayToday

総合評価4.2/5

AI審査でスピード入金!手数料上限が9.5%と低い

PayToday

おすすめポイント/

AI審査を導入

PayTodayは、AI審査を導入を活用したスピーディーな審査が特徴です。業界では最速水準の最短30分で審査完了、最短即日で資金調達できます。対面での申し込み・審査も可能ですが、有料になのでオンラインでの申し込みがおすすめです。

手数料の上限が低い

PayTodayの手数料率は最大で9.5%です。下限も1%と業界最安水準なので、費用を抑えて資金調達したい方に向いています。

審査スピード最短30分
入金スピード最短即日
手数料1.0%~9.5%
買取可能額上限なし(10万円〜)
契約方法オンライン、対面
種類2社間
必要書類・身分証明書
・通帳のコピー(Web通帳も含む)
・請求書
・見積書

\最短30分で審査完了!上限手数料9.5%の優良価格/

トップ・マネジメント

総合評価4.0/5

取引実績が45,000社以上!信頼性の高いサービス

トップ・マネジメント

おすすめポイント/

豊富な取引実績

トップ・マネジメントの取引実績は、10年間で累計45,000社にものぼります。さらに東京商工会議所に加盟しているほか、国際規格の「ISO27001」で厳重に個人情報を取り扱っており、信頼性の高いファクタリング会社です。

2種類のファクタリングサービス

ファクタリングと同時に助成金申請ができる「ゼロファク」と、広告業界に特化した「ペイブリッジ」の2種類のサービスがあります。ゼロファクを利用すれば手数料が最大10%優遇され、助成金受給の顧問料が無料になります。ベイブリッジは最速3分で審査が終わるといったメリットのあるサービスです。

審査スピード最短2時間
入金スピード最短即日
手数料2社間:3.5%〜12.5%
3社間:0.5%〜3.5%
買取可能額30万円~3億円
契約方法オンライン、対面
種類2社間、3社間
必要書類・通帳のコピー
・請求書(または注文書)
・身分証明書

\最短2時間で審査完了!安心の実績/

えんナビ

総合評価4.0/5

いつでも電話相談ができる!第二選択肢におすすめ

えんナビ

おすすめポイント/

24時間365日電話相談OK

えんナビは24時間365日電話相談できるファクタリング会社です。夜間でも電話がつながるので、仕事などで平日のに中が忙しい方でも、気軽に相談できます。

買取可能額は50万円から

えんナビの買取可能額は50万円〜5,000万円です。入金スピードは最短即日なので、他社で断られた法人・個人事業主の次の選択肢としておすすめです。

審査スピード最短即日
入金スピード最短即日
手数料-(不明)
買取可能額50万円~5,000万円
契約方法オンライン、対面
種類2社間、3社間
必要書類・通帳のコピー(3ヶ月分)
・請求書

\24時間365日電話相談OK!最短即日で入金/

三共サービス

総合評価3.8/5

顧客満足度98%!ただし使いにくさがややネック

三共サービス

おすすめポイント/

利用者からの評判が高い

三共サービスは利用者からの評判が高いことが特徴です。自社のアンケート調査では、乗り換えた98%の利用者が満足しています。さらに、三共サービスを一度利用した顧客の経営改善率は92.7%と、効果の高いサービスです。

24時間365日いつでも即時振込

三共サービスは、買取手数料の上限が非公開のため他社と比べると透明性がやや低いです。入金スピードは最短翌日、必要書類も多いので、使いやすさはやや劣ります。そのため、他社で断られたときの選択肢におすすめです。

※個人事業主・フリーランス利用不可

審査スピード最短翌日
入金スピード最短翌日
手数料1.5%~
買取可能額-(不明)
契約方法オンライン
種類2社間、3社間
必要書類・身分証明書
・会社謄本(履歴事項全部証明書)
・決算書(直近2期分)
・売掛先への請求書
・成因資料(契約書・納品書・注文書・発注書など)
・入出金の通帳・当座勘定表(当座をお持ちの場合)
・小切手帳・手形帳(当座をお持ちの場合)
・納税証明書

\利用者の経営改善率は92.7%!他社から断られたら/

取引先に知られる可能性はない?

2社間ファクタリングの場合、知られることはありません。

ただし、2社間ファクタリングでも契約上の支払い期日を超過したり、売掛金を横領したりした場合は、取引先に知られるため注意が必要です。また、3社間ファクタリングの場合は、取引先も交えて契約するため必ず知られます。

どんな業態でも利用できる?

業種・業態を問わず利用できます。

たとえば、建設業や製造業、小売業、運送業、人材派遣業、学習塾、広告代理店など幅広い業種・業態の事業者が利用できます。

貸金業とファクタリングは何が違う?

目的や契約内容などが異なります。

貸金業はお金を借りることで、ファクタリングは売掛金を売ることです。また、貸付は事業者と個人が金銭消費賃借契約を結ぶのに対し、ファクタリングは事業者間で債権譲渡契約を結んで行われる取引です。
ファクタリングは売掛金の代金を現金化させるのであって、金銭を貸し借りするものではないため、賃金業法の規制には該当しません。

銀行の融資が受けられない人も利用できる?

銀行の融資が受けられない人も利用できます。

ファクタリングは融資ではなく、売掛債権を譲渡するサービスです。融資の審査とは異なり、ファクタリングの審査は売掛先の信用力を重要視するため、銀行の融資が受けられない人でも、ファクタリングの審査に通過できる可能性があります。

債務超過や税金を滞納していても利用できる?

債務超過や税金を滞納している人でも利用できます。

経営状況がファクタリングの審査に影響することはあまりありません。赤字経営や債務超過、税金を滞納中という事業者でもファクタリングを利用できる可能性があります。

資金調達可能な期間はどのくらい?

最短即日です。

ファクタリングの資金調達までの時間は、当日〜5日程度が目安です。中には、最短10分で入金完了するファクタリング会社もあります。
ただし、ファクタリングの金額が1,000万円を超える場合や、売掛の詳細などによっては、審査に時間がかかる可能性があります。

個人事業主で開業間もないですが利用できる?

できます。ただし、開業直後はファクタリングの審査が厳しくなりやすいです。

売掛金があれば、個人事業主で開業したばかりの人でもファクタリングを利用することができます。ただし、ファクタリングの審査は厳しくなる可能性があるため注意が必要です。
売掛先の信用力が高く、取引実績が複数回ある場合などは審査に通過しやすいでしょう。

プライバシーは守られる?

プライバシーは厳重に管理されています。

プライバシーはファクタリング会社によって厳重に管理されているため、基本的にプライバシーな情報が漏えいすることはありません。

人気のファクタリング会社の入金スピードを整理しました。もっと詳しい比較表をチェックしたい方は、ファクタリング会社の比較一覧をご覧ください。

ファクタリング会社入金スピード
アクセルファクター
アクセルファクター
最短2時間
QuQuMo
QuQuMo
最短2時間
ビートレーディング
ビートレーディング
最短2時間
PayToday
PayToday
最短即日
トップ・マネジメント
トップ・マネジメント
最短即日
えんナビ
えんナビ
最短即日
三共サービス
三共サービス
最短翌日

ファクタリング会社の手数料を記載しています。

ファクタリング会社入金スピード
アクセルファクター
アクセルファクター
2.0%~20.0%
QuQuMo
QuQuMo
1.0%~14.8%
ビートレーディング
ビートレーディング
2%~12.0%
PayToday
PayToday
1.0%~9.5%
トップ・マネジメント
トップ・マネジメント
0.5%~12.5%
えんナビ
えんナビ
-(不明)
三共サービス
三共サービス
1.5%~